エアコン取り付け

エアコン工事は、ガス漏れや水漏れがないよう、繊細さが求められる工事です。
「エアコンから水が漏てきた…」なんていうトラブルは、技術や知識が充分でない業者の場合に起こってしまうもの。

さらに建物の構造や、コンセント・配管穴の位置、室外機の設置場所などなど…
エアコン工事には考慮しなければならない点が沢山あるので、経験豊富なプロにお任せするのが一番。

当社では経験豊富な職人がお伺いいたしますので、安心してお任せください!

エアコン工事はここをチェック!

エアコン工事は設置環境によって工事内容や料金が変わります。
現地にて、下記のようなポイントを確認し、お見積りを行っています。

■電気容量
一般的な家庭用エアコンを使用する場合、電力会社との契約電気容量が、30A以上であることが望ましいとされています。
電気容量が足りない場合は、容量変更や専用回路の増設など、追加工事が必要です。

■室内機の設置場所
室内機の設置場所は、天井と左右の壁から5センチ以上離したところ。
通常は配管用の穴のすぐ近くに取り付けますが、エアコンの大きさや壁の形状によって取り付けできない場合は、配管用ホースを伸ばすなどして対応する必要があります。

■室外機の設置場所
室外機は、できるだけ室内機に近い場所に設置することが大切。
地面やベランダに設置するのが一般的ですが、排気が気になるという方や設置するスペースが無い場合などは、屋根の上や壁面に吊り下げて設置することも可能です。

■エアコン専用のコンセント
エアコンは他の電気機器と違って消費電力が大きいため、専用のコンセントが必要です。
また、機種によってプラグの形が異なるので、コンセントの形状と合わない場合は電気工事が必要になります。

■配管用の穴
エアコン取り付け箇所の近くに配管用の穴が無い場合は、新しく穴を開ける必要があります。

一覧ページに戻る